特急草津で行く群馬県吾妻郡長野原町の旅情報

長野原町は一般的には草津温泉の玄関口として有名

吾妻郡長野原町は群馬県の西部に位置する自治体で、この町の南部は一般的には北軽井沢エリアとして扱われています。そして、町の北部を通るJR吾妻線の長野原草津口駅は「日本三大温泉(日本三名泉)」の一つに数えられる草津温泉の玄関口として有名です。この駅は上野駅からJR特急草津に乗車すると約2時間20分で到着しますが、北隣の草津町ではなく長野原町内には魅力的な場所があります。そんな長野原町を、特急草津を利用して旅してみませんか?

長野原市内にも温泉がある

特急草津で上野から直通の長野原町の中には複数の温泉地があります。中でも長野原草津口駅の東隣の駅である川原湯温泉駅のそばに広がる川原湯温泉の規模は大きく、多数の旅館が軒を連ねています。こちらは鎌倉時代に発見されて以来800年の歴史を誇る温泉地で、リウマチ・関節痛などに効くと評判です。

浅間大滝の人気も高い

中央部・南部エリアの名所というと、県道64号線付近の浅間大滝が有名です。こちらは高低差約10m程度の滝ながら流れ落ちる水の量が多い事や水の勢いがすごいのが特徴となっています。滝の音を聴きながらゆっくり休みたいかたや夏場に涼しい場所で過ごしたいかたにはおすすめです。

約800ヘクタールの県営浅間牧場

吾妻線の長野原草津口駅からタクシーに乗ると20分で着く北軽井沢エリアの浅間牧場も人気です。こちらは総面積が約800ヘクタールある県営牧場で、約800頭の牛が放牧されているほか6月にはレンゲツツジの花が咲き乱れます。そして、目の前の浅間山を見渡しながら新鮮な牛乳を使って作ったソフトクリームなどを食べながら過ごせるのが魅力です。

アドドドヴェンチャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です