岩手県の史跡を訪れよう!!美しい渓谷も楽しみが一杯!!

岩手県にある征夷大将軍にまつわる史跡を訪れる

日本史を勉強していると歴史上の人物がたくさん出てきます。勉強の過程で興味を持つようになり、その人に関する史跡などがあるなら行ってみたいと思うかもしれません。岩手県にはある大将軍の史跡が残されていて、観光ができるようになっています。岩肌に磨崖仏が彫られていますが、日本再北限とされている貴重な史跡です。鮮やかな朱色の毘沙門堂は火災の度に再建されていますが、平安時代をしのばせる色々な史跡は歴史ファンだけでなく、日本史を学んできた人なら誰でも楽しめるでしょう。こちらでぜひ購入しておきたいのがお札で、色々なご利益が得られるとして知られています。御祈祷などもしてもらえるので、希望する人は事前に予約をしておくと良いでしょう。

岩手県の四季の変化を楽しめる渓谷に行く

東北地方は冬は雪が降って寒いですが、その分雪景色が楽しめるメリットがあります。岩手県南部にある渓谷もそれぞれの四季に応じた表情を見せてくれるところで、いつの季節に行っても間違いのない観光地かもしれません。こちらの渓谷には名物の舟下りがあり、冬でも利用ができるのが特徴でしょう。寒い冬にはこたつを船内に備えた船が運行してくれるので、寒さを気にせずきれいな雪景色を楽しめるようになっています。季節ごとにイベントがあるので、それに合わせていくとより楽しめるでしょう。こちらの名物がおそばで、小麦粉を一切入れない十割そばが人気になっています。季節ごとに楽しめる料理も異なり、次はいつの季節に行こうか考えてしまうかもしれません。

アドドドヴェンチャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です